story

三重県|≪地物佃煮セット≫ ご飯とともに美味しくいただきました♪

こんにちは、なっちゃんです。 2017年4月21日から三重県で全国菓子大博覧会「お伊勢さん菓子博2017」が開催されますね。 とても気になっているイベントの1つです。 さて、今回はそんな三重にちなんだ特産品のご紹介です。 photo1 今回の特産品は、有限会社珍海堂の「地物佃煮セット」。 ちりめん山椒・桧扇貝しぐれ・かきしぐれの3種類入りです。
まずはそれぞれご飯のお供に。
photo2 桧扇貝を初めて食べたのですが、一粒一粒が思っていたよりも大きくてビックリ。 また、とても噛み応えがあり、御飯と一緒に食べ甲斐のあるしぐれでした。 photo3 いつも山椒は粉で食べているので、こんなに大粒の山椒を食べるのは久しぶりでした。 後味にピリッと口のなかに広がってとても美味しかったです。 photo4 三重で有名な牡蠣のしぐれ。 身の大きさはもちろん、しぐれにしていることでホロッとくずれる食感がたまらない一品でした。
子どもも食べられるようにアレンジ!
佃煮は味がしっかりしているので大人が好む味ですが、子どもたちにも楽しんでほしいと考えた結果……佃煮で炊き込みご飯を作ってみました。 photo5 作り方はとってもカンタン! 分量通りのお米と水を入れて、その上に佃煮を好みの量のせてスイッチオン! お好みで少量の塩や醤油を入れてもOK。 炊き上がったら、ネギを混ぜ込んで出来上がりです。 子どもたちも喜んで食べてくれました。
ちりめん山椒は味のアクセントに
photo6 ほうれん草のお浸しとちりめん山椒を混ぜて食べてみました。 ふだんは醤油やポン酢で食べているので、いつもとは違った味を楽しめました。 小松菜のお浸しなどにも合いそうだなと思ったので、今度試してみようと思います! 「ご飯のお供」にピッタリの佃煮。 せっかく食べるなら、地の物の佃煮を楽しんでみませんか?

この商品を紹介しています

people

書いた人

item

特産品

↑