item

四万十の焼鮎 自家製だし醤油セット

●焼鮎 2尾×1 ●川のだし~焼鮎~×1本 ●海のだし~宗田節~×1

焼きあゆの素焼き

鮎は別名香魚とも呼ばれ香り豊かな魚です。
この「焼きあゆ」は四万十川流域に伝わる昔ながらの炭火による無縁燻製法で、香りを逃がさないよう手間と時間をかけ、きれいな飴色になるまで丁寧に焼き上げられたものです。
ご家庭での料理や贈答品としてはお使いにだれば幸いです。

川のだし~焼鮎~

川のだし~焼鮎~は、皆様にご利用いただき育てていただく商品です。
四万十では、古くから丸一日かけて炭火でじっくり焼き上げたこの焼鮎を”だし”として麺類や、お雑煮、煮浸しなどで楽しんできました。
多くの方にこの美味しさを伝えたい想いで伝統を受け継いでおります。
醤油はご家庭の味。ご家庭の醤油を入れてしばらく置けばじっくり鮎のから出る風味とまろやかさ、味がじんわり出てきます。
醤油を足すことで繰り返し使えるので経済的。
酢と醤油を入れることでオリジナルだしポン酢に。
昆布や、にんにく、唐辛子などでオリジナルの調味料に。
少し炙って、お酒を入れれば骨酒風に。
使った鮎は、焼き飯や、焼きそば、スパゲティの具として。炊き込みご飯や煮物にもおすすめです。

海のだし~宗田節~

高知県では、メジカと呼ばれる宗田鰹、鰹節としてよく知られる本鰹よりこぶりな宗田鰹を鰹節に加工すると宗田節と呼ばれております。
本鰹と比べ香りは少なめではありますがしっかりとしダシがでることから古くより【香りカツオに味メジカ】と伝わっており、料理の世界では、両方を使い分けて使用されています。
川のだし~焼鮎~同様、醤油を継ぎ足して鰹の風味豊かな出汁醤油として長くお楽しみいただけます。

この商品の生産者

四万十生産

高知県高岡郡四万十町大正680-3

生産者の情報はこちら
↑